さがん野菜応援団のはじまり

 さがん野菜応援団のはじまり

 

 

明治38年創業 

 

北島の水飴 

 

 

希少な甘藷でん粉を使用し、手間暇惜しまず麦芽で糖化した『水飴

 

麦芽糖主体で栄養価の高い昔ながらの『水飴

 

 

 

 

北島のあめゆ

 

 

製法や原料にもこだわり続け、ピリッときいた生姜の香りと素朴でなつかしい味の『あめゆ

 

 

 

 

あめゆの主原料である「しょうが」を知る目的で自社でしょうがの試験的栽培を開始

 

 

平成21年にスタートして今年で9回目

 

 

しょうが栽培をしなかったら、もしかしたら気づいてなかったかもしれない・・・

 

 

 

 

未知なる体験をし、これまでに栽培の大変さ収穫の喜びなどを含め多くのことを学び、多くの農産物生産者の皆さんの労力を痛感した

 

 

たくさんの時間と労力を費やして育てた野菜・・・

 

 

 

しかし、色や形、キズ、サイズの大・小などの理由で出荷できない、一般市場に出回らない野菜がある

 

 

規格外野菜 や 余剰野菜 

 

 

現在破棄されている、これらの規格外野菜や余剰野菜を有効活用する方法はないのか?

 

 

我が社は『あめゆ』の製造工程でしょうがを粉末加工している

 

 

しょうがを細かくカットし、乾燥させて粉末・・・

 

 

 

この実績を生かして・・・

 

 

細かくカットするなら、規格外野菜で全然OK!!

 

 

 

 

ドラベジは野菜の見た目の美しさではなく、地元佐賀の生産者の皆さんが丹精込めて育てた安心・安全な野菜たちだからこそ大事にしたい

 

 

 

一般市場に出回ることができなかった野菜たち・・・

 

 

 

ドラベジは  

~ 生まれ変わった野菜たち ~ を応援したい

 

 

 

 

 

地元野菜の安定的供給に貢献できるよう、、、さがん野菜を応援したい

 

 

 

 

 

TOPへ

HOMEへ"