むらさきいもパウダー

 むらさきいもパウダーの秘密

 

ちょっとビックリ!!

 

むらさきいもパウダーって、きれいな紫色だからお菓子やパン作りに使いたい一品だよね~

 

 

 

でもね・・・

 

 

作る材料によっては注意が必要なんだよ

 

 

 

むらさきいもには青紫色の天然色素で、ポリフェノールの一種のアントシアニンが豊富に含まれているんだけど

 

 

 

 

アントシアニンはアルカリ性と混ぜると緑色、 酸性とまぜると赤色に変わるんだよ

 

 

 

 

ケーキ作りとかに使われるベーキングパウダーはアルカリ性で

 

 

たまごの白身もアルカリ性なんだよね

 

 

 

それらのアルカリ性の食材と一緒に使うと化学反応をおこして紫色ではなく、くすんだ青っぽい緑色になってしまう

 

 

 

 

せっかくきれいな紫色を期待して作ったのに・・・

 

 

 

 

 

ギョギョッ!!  って思うくらいビックリするよ~

 

 

 

 

予防策としては、レモン汁など酸性のものを加えることだよ

 

 

 

逆転の発想なんだけど、青色を作りたいときに、わざとむらさきいもパウダーと卵白を混ぜて使う・・・ってこともアリかもしれないね

 

 

 

混ぜる分量によって青色~緑色になるから調整が難しいかもしれないけどね

 

 

 

 

そういえば、青色をだせる野菜って・・・ないよね

 

 

化学反応って不思議だね~

 

 

TOPへ

HOMEへ"